プロフィール

nana

Author:nana
普通の社会人
心のHomeは B'z

ふとある日、
亀ちゃんに恋に堕ち、
ジャニヲタ生活開始☆
KAT-TUN、関ジャニ∞応援中
亀ちゃん担&すばちゃん担

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





亀と乙女の事情
亀と乙女の事情→この同じ空の下で→亀と乙女の事業
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁?
とりあえず、ショックでした。
そして、とりあえずなんとか落ち着きました。
心配してくれたお友達様、本当に心強かったです。
なんとか今日の分の仕事もできたよ。
ありがとう。

仕事が忙しくて、仁の情報を手にしたのは昼休み。
昼休みはお弁当食べて、こころの安らぎを感じるひととき。
なのに、
なのに…。
仁…。
どこへ行っちゃうの?

知った瞬間は、何がなんだか分からなくなって。
手の震えが止まらなくなった。
とりあえず、お弁当食べるより、デイリースポ誌求めてコンビニへ走った。
けど、何も載ってない。
なおさら何にも手に付かない。
その後食べたお弁当の味も覚えてない。
ただひらすらショックで、手が震えてたことしか覚えてない。
何か言葉を話したら、その瞬間に涙があふれてしまいそうで、
自分の震える手をじっと見つめてた。
でもそんな時、お友達に教えられ助けられた。

今回は事件じゃないってことと、
本人が決めたってこと。

そうだよね。
悲しむより責めるより、応援しなきゃ。
仁本人が決めた事なら。

でも…
そう言いながらもね、
実は悲しくて仕方なくて、
なんでなの?って聞きたくて、
今にも泣いてしまいそうで、
正直、受け止めるには相当時間がかかりそうだよ。
できるなら、今でも嘘であればいいのにって思う。

ダメだ。
やっぱり、私はまだまだだよぉ。
仁の事想って応援することより、
仁に逢えない悲しさや不安が勝っちゃうんだ。
結局、自分の事ばかり考えてる。
しばらくは矛盾する毎日が続くかもしれない。
ごめんね、仁。

初めて気付いたんだけど、自分のKAT-TUN愛、相当深いみたい。
もう、亀ちゃんだけを好きなんじゃない。
私はKAT-TUNが好きなんだ。
みんなが好き。
そして、仁が好き。
仁が大好き。

仁?
お願い。
仁の言葉を
仁の声で聞かせて?

待ってるよ。
ずっと、ずぅーっと。

仁を信じるよ。
ずっと、ずぅーっと、もっと。
スポンサーサイト

テーマ:KAT-TUN - ジャンル:アイドル・芸能

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nanatokame.blog29.fc2.com/tb.php/316-47fc6e45
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。